2019年05月31日

職場における熱中症による死傷災害の発生状況

 厚生労働省は、2018年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)を公表してます。それによりますと、死傷者数(死亡・休業4日以上)は1,178人で、前年度比634人増、うち死亡者は28人(同14人増)とのこと。2017年と比較して、死傷者、死亡数いずれも2倍以上の増加。業種別の死亡者は建設業が最多となり、全体の35%(10人)の模様。厚生労働省では、5月1日から9月30日まで「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を実施。今年は去年より暑くなりそうとのことなので、注意が必要ですね。
posted by boss at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: