2019年06月19日

大学生Uターン・地元就職に関する調査

 マイナビは、2020年卒業予定の大学生を対象とした「大学生Uターン・地元就職に関する調査」結果を発表しています。それによりますと、地元就職希望率(全国平均)は49.8%(前年比1.0ポイント減)で、調査開始(12年卒調査)以来初めて5割を下回ったとのこと。地元外進学者に地元企業への就職活動で最も障害に感じることをたずねたところ、「地元までの交通費」(26.0%)、「地元までの距離・時間(14.4%)、「やりたい仕事がない」(13.3%)などの模様。地元での就職はなかなか難しいようです。
posted by boss at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: