2019年11月28日

家計の金融行動に関する世論調査

 金融広報中央委員会は、「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」結果を発表しています。調査結果の概要の「3.家計のバランス、生活設計等」では、老後の生活費の収入源(3つまでの複数回答)は、「公的年金」が79.1%(対前年比0.5ポイント減)、「就業による収入」が48.2%(同2.5ポイント増)とのこと。また、老後の生活が「心配である」は81.2%(同2.0ポイント増)で、理由(複数回答)は「年金や保険が十分ではない」(73.3%)、「十分な金融資産がない」(69.7%)などの模様。やはり年金と今までの貯蓄等だけの収入では、不安な方が多いようです。
posted by boss at 10:04| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: