2019年12月09日

オフィスでの禁煙

 エン・ジャパンは、「オフィスでの禁煙」実態調査結果を発表しています。それによりますと、2020年4月完全施行の「改正健康増進法」の認知度は67%とのこと。社内の禁煙に取り組んでいるか聞いたところ、「取り組んでいる」(68%)、「取り組んでいない」(28%)。業種別では「メーカー」(80%)が最多。社内禁煙に取り組んでいない企業に理由を聞いたところ、「経営層が喫煙者であるため」(36%)、「喫煙者の理解が得られない」(29%)、「必要性を感じない」(25%)などの模様。喫煙者はやはり追いやられているといった感じですね。
posted by boss at 22:39| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: