2019年12月11日

同一労働同一賃金意識調査

 エン・ジャパンは、派遣社員を対象とした『「同一労働同一賃金」意識調査』結果を発表しています。それによりますと、「同一労働同一賃金」という言葉を知っているか尋ねたところ、「知っている」は28%(対前年比5ポイント増)、「知らない」は72%とのこと。待遇の差において、納得できる理由は、「仕事への責任の重さ」(69%)、「仕事内容の違い」(63%)、「役職の有無」(40%)など。同一労働同一賃金の企業の対応は早急に必要です。
posted by boss at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: