2020年03月18日

大学生広報活動開始前の活動調査

 マイナビは、2021年卒業予定の大学生・大学院生を対象とした「大学生広報活動開始前の活動調査」結果を発表しています。広報活動が開始される3月以前の行動を調査したもの。それによりますと、インターンシップの応募率は92.4%(前年比3.7ポイント増)、参加率は85.3%(同5.4ポイント増)で、いずれも過去最高の模様。インターンシップの参加目的は、「特定の企業のことをよく知るため」(58.4%)、「特定の企業が自分に合うかを確かめるため」(46.1%)、「視野を広げるため(43.1%)など。インターンシップの広がりは大きいですね。
posted by boss at 13:27| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: