2020年03月24日

早期・希望退職実施状況

 東京商工リサーチは、上場企業を対象とした「早期・希望退職」実施状況を発表しています。それによりますと、2020年1〜2月に希望・早期退職者を募集した上場企業は19社(前年同期比10社増)、2カ月で2019年1年間(36件)の半分となったとのこと。業種別では、小売と食料品が各3社で最多。募集人数は合計4,374人。19社の業績は、直近の本決算で最終赤字が6社、13社が黒字(構成比68.4%)の模様。「黒字リストラ」といわれる業績堅調企業の人員削減だけでなく、業績不振企業の退職者募集も増勢に転じる可能性があるとみています。早期・希望退職も様々ですね。
posted by boss at 09:42| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: