2020年04月14日

外資系企業動向調査

 経済産業省は、2019年「外資系企業動向調査(2018年度実績)」の結果を公表しています。それによりますと、19年3月末の集計企業数は3,287社で前年度比0.6%増加の模様。常時従業者数は55.2万人で前年度比同1.8%増加。内訳は、製造業が20.0万人で同0.9%増加、非製造業は35.2万人で同3.5%増加。母国籍別にみると、ヨーロッパ系企業1,421社(シェア43.2%、前年度比0.1%ポイント増加)、アジア系企業900社(同27.4%、前年度同)、アメリカ系企業760社(同23.1%、前年度同)などとのこと。外資系企業の日本進出は横貝のようです。労働者数は増加傾向です。
posted by boss at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: