2020年06月19日

新型コロナウイルス関連倒産

 帝国データバンクは、新型コロナウイルス関連倒産の状況を発表しています。それによりますと、全国で205件の倒産が判明の模様。業種別の上位は「ホテル・旅館」(39件)、「飲食店」(26件)、「アパレル・雑貨小売店」(16件)、「食品製造」(15件)、「食品卸」(12件)、「建設」(8件)など。39都道府県で発生しており、最多は東京の45件、大阪と北海道の17件が続くとのこと。コロナ倒産は続かないことが望まれますが、状況はまだまだ不透明感が強いです。
posted by boss at 18:31| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: