2020年08月24日

女性登用に対する企業の意識調査

 帝国データバンクは、「女性登用に対する企業の意識調査」結果を発表しています。それによりますと、女性管理職の割合は平均7.8%(前年比0.1ポイント上昇)とのこと。政府目標である「女性管理職30%以上」を超えている企業は7.5%(同0.4ポイント上昇)と微増したものの、依然として低水準にとどまっているとしています。女性活躍促進のために重要なことでは、「妊娠・出産・子育て支援の充実」(64.7%)、「仕事と子育ての両立支援」(56.2%)、「保育サービスの充実」(52.7%)などとのこと。女性管理職30%以上のハードルはまだまだ高そうですね。
posted by boss at 10:11| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: