2020年11月27日

働く人の電話相談室

 日本産業カウンセラー協会は、第14回「働く人の電話相談室」結果を発表しています。それによりますと、新型コロナウイルスやテレワークの浸透がどう影響したか聞いたところ、新型コロナの影響面で顕著だったのは、「職場の悩み」(36.6%)、「キャリアに関する悩み」(24.4%)で計6割となった模様。相談相手では、知人や友人と答えた人の割合が昨年の2倍となり、コミュニケーションのしにくい状況下では、身近な存在が大きかったとしています。テレワークになったらなったで悩みはいろいろ尽きないですね。
posted by boss at 00:02| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: