2021年02月18日

新型コロナ関連の経営破たん

 東京商工リサーチは、「新型コロナ」関連の経営破たんが全国で累計1,000件に達したと発表しています。コロナ禍の直撃を受けた飲食業のほか、アパレル関連業や建設業、宿泊業などを中心に幅広い業種で影響が波及しています。雇用調整助成金の延長などで経営支援策は継続されますが、収束が長引くほど小・零細企業を中心にコロナ関連破たんは増加する可能性が高まっているとしています。やはり、収束が第一です。
posted by boss at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: