2021年03月04日

障害者の法定雇用率改定

 厚労省は3月1日より、障害者の法定雇用率を引き上げられています。すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります。民間企業は2.2%から2.3%へ、国、地方公共団体等は2.5%から2.6%へ、それぞれ引き上げられます。また、法定雇用率の対象となる事業主の範囲が、同日より従業員45.5人以上から43.5人以上に変更となります。リーフレットはこちら。対象事業主様におかれましては、ご注意ください。
posted by boss at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: