2021年04月14日

無借金企業調査

 東京商工リサーチは、第2回全国「無借金企業」調査結果を発表しています。それによりますと、全国の無借金率(無借金企業の比率)は15.6%で、コロナ前の前回調査時(2019年9月調査)より8.8ポイント低下したとのこと。産業別では、サービス業他(24.8%)が最多。次いで、金融・保険業(20.4%)、情報通信業(19.9%)、建設業(16.3%)、最も低いのは、農・林・漁・鉱業(7.5%)の模様。新型コロナ感染拡大で先行きの不透明感が漂う中、企業のキャッシュポジションを高める動きが加速し、無借金率の低下に繋がったとしています。もしもの時に借金してでもキャッシュを持っておきたい気持ちはわかります。特にこのコロナ禍ではなおさらですね。
posted by boss at 00:18| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: