2018年07月17日

転職決定者アンケート

 リクルートキャリアは、転職エージェントサービス「リクルートエージェント」登録者の転職決定者アンケート集計結果を発表しています。それによりますと、「入社を決める際に誰から影響を受けたか」尋ねたところ、「配属先の上司」44.9%、「入社企業の人事」32.4%、「友人・知人」27.4%などとのこと。誰かしらの影響はありですね。
posted by boss at 09:03| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

経済センサス−活動調査

 経済産業省と総務省は、2016年「経済センサス−活動調査」(確報)を公表しています。それによりますと、2016年6月1日時点の事業所数は557万8,975事業所、従業者数は5,687万2,826人とのこと。事業所割合を産業別にみると、「卸売業、小売業」が全産業の25.4%で最も多く、次いで「宿泊業、飲食サービス業」13.0%、「建設業」9.2%などとのこと。また、第三次産業で全産業の81.6%を占めている模様。第3次産業は多いですね。
posted by boss at 00:59| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

個別労働紛争解決制度の施行状況

 厚生労働省は、2017年度「個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表しています。それによりますと、総合労働相談件数は110万4,758件で、10年連続の100万件超の模様。うち、民事上の個別労働紛争相談件数は25万3,005件、相談内容は「いじめ・嫌がらせ」が7万2,067件で6年連続トップとのこと。人間関係の問題がやはり多いようですね。
posted by boss at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

働くことの意識

 日本生産性本部は、2018年度新入社員「働くことの意識」調査結果を発表しています。それによりますと、「人並み以上に働きたいか」尋ねたところ、「人並みで十分」が61.6%(前年度比4ポイント増)で過去最高を更新、一方「人並み以上に働きたい」は31.3%(同3.6%ポイント減)とのこと。人並みって人それぞれですからね。若い人たちは、働くことよりももっと多くのことに重きを置いているのが分かりますね。
posted by boss at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

団塊ジュニア

 内閣府は、正社員の2015〜17年の平均給与を年齢層別に5年前(10〜12年)と比べたところ、40代だけが減少していたとの調査結果を発表しています。バブル期後半の大量採用組や人口の多い「団塊ジュニア」が40代に当たりますが、管理職ポストに限りがあり、部長や課長への昇進が全体的に遅れていることが背景にあるとのこと。団塊ジュニア、難しい世代ですね。
posted by boss at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

2018年度業績見通し

 東京商工リサーチは、2018年度「業績見通し」に関するアンケート調査結果を発表しています。それによりますと、18年度に「増収」を見込む中小企業は36.6%、大企業は44.0%の模様。「減収」を見込む企業のうち24.2%が「人手不足による生産性の低下」を理由に挙げており、大企業・中小企業ともに「人手不足」が大きな経営課題だとしています。人手不足が業績の足を引っ張る形になっているようです。
posted by boss at 04:33| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

不当に短い工期禁止 建設業の長時間労働是正

 国土交通省は、建設業の働き方改革に向けた対策をまとめています。建設工事での長時間労働を是正するため、不当に短い工期設定を禁止するほか、社会保険に未加入の建設会社に対し建設業の許可を行わない仕組みを創設。勤務環境の改善を促し、担い手の確保にもつなげる模様。
 同日開かれた中央建設業審議会と社会資本整備審議会(いずれも国交相の諮問機関)の小委員会で示し、大筋で了承されました。国交省は、早ければ来年の通常国会に建設業法などの改正案を提出する方針。
 対策では、長時間労働の防止に向け、適正な工期設定に関する基準を作成する方針を明記。基準に沿わない短い工期での受発注を禁止し、不当に短い工期を設定する発注者に適切な対応を求める勧告制度も設けるとのこと。
 また建設業界では、下請けの会社ほど社会保険加入率が低下する傾向にあります。建設業の許可に当たっては、雇用保険、健康保険、厚生年金の全てに加入していることを条件とする方針。
 建設業界にもテコ入れが入りそうですね。
posted by boss at 02:35| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

2018年版子供・若者白書

 政府は、2018年版「子供・若者白書」を閣議決定しました。特集では、就労等に関する若者の意識調査の結果を紹介。仕事より家庭・プライベートを優先したい若者が増加し、転職を否定的に捉える若者は少ないとしています。キャリア教育や職業教育の効果については、「働く事の大切さがわかった」(61.7%)が最も多く、「コミュニケーションスキルの重要性がわかった」(61.0%)、「自分の考え方が広がった」(58.0%)などが続くとのこと。キャリア教育は大事ですね。
posted by boss at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

2018年度新入社員の会社生活調査

 産業能率大学は、2018年度新入社員の会社生活調査結果を発表しています。それによりますと、会社に副業ができる制度があった場合、利用したいかを聞いたところ、「利用したい」(26.6%)、「どちらかといえば利用したい」(30.0%)となった模様。また、目標とする役職・地位については、課長以上(社長、役員、部長、課長)を目指す女性が41.1%となり、2000年度以降初めて4割を超えたとのこと。男性は67.2%。女性の上昇志向は世情を反映していますね。
posted by boss at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

他国の働き方

 エアトリは、「他国の働き方」に関するアンケート調査結果を発表しています。それによりますと、他国の働き方について、理想的なもの(理想的)と、日本でも取り入れることができそうなもの(現実的)を聞いたところ、いずれも割合が高かったのは、オランダの「時間貯蓄制度」(理想的13.6%、現実的12.9%)だったとのこと。時間貯蓄制度とは、残業や休日出勤など所定外の労働時間を貯蓄し、後日有給休暇などに振り替えて利用できる制度です。確かに使えそうな制度ではありますね。
posted by boss at 01:40| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

全国企業倒産状況

 東京商工リサーチは、全国企業倒産状況を発表しています。それによりますと、2018年5月の倒産件数は767件(前年同月802件)で、2カ月連続で前年同月を下回った模様。一方、「人手不足」関連倒産は今年最多の37件。業種別では、病院・医院(1→6件)、旅行業(1→5件)、広告関連業(12→17件)などで倒産増加とのこと。人手不足倒産増加傾向ですね。。。
posted by boss at 02:08| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

転職決定者アンケート調査

 リクルートキャリアは、転職決定者アンケート調査結果を発表しています。それによりますと、転職活動を振り返った際に「力を入れたこと」を聞いたところ、「自分の「持ち味や強み」を明らかにすること」(75.4%)が最も多く、続いて、「自分が「やりたいこと」を明らかにすること」(66.2%)とのこと。一方で「力を入れておけばよかったこと」は、「待遇や勤務時間等、応募企業との条件交渉」(44.5%)、続いて「「異業種」も含めて、企業の情報を収集すること」(43.3%)とのこと。自己アピールの方に力が入っていたようですね。
posted by boss at 08:23| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

出産・子育てに関する調査

 明治安田生活福祉研究所は、「出産・子育てに関する調査」結果を発表しています。第1子の妊娠・出産を機に仕事をやめた理由は、「子育てをしながら仕事を続けるのは大変だったから」(52.3%)、続いて「子育てに専念したかったから」(46.1%)、「自分の体や胎児を大事にしたいと考えたから」(41.8%)などとのこと。また、子どもがいる既婚者が子育てと仕事の両立のため、勤務先の制度に充実を望むことを聞いたところ、男性は「扶養手当等の支給」(35.3%)、女性は「子育てのための勤務時間・勤務日数の短縮措置等」(53.2%)が最も多かった模様。確かにその通りですね。
posted by boss at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

被保護者調査

 厚生労働省は、生活保護法に基づく「被保護者調査」(2018年3月分概数)結果を公表しています。それによりますと、被保護実人員は211万6,807人で、前年同月比2万8,628人減少の模様。被保護世帯は163万9,768世帯で、同1,773世帯減少。世帯類型別にみると、前年同月比での高齢者世帯(特に単身世帯)の増加と、それ以外の世帯の減少が続いているとのこと。やはり、高齢者の単身世帯は厳しい状況にあることがうかがえます。今後もさらに厳しくなってくると思われますので、対策が必要です。
posted by boss at 01:44| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

転職後のギャップ

 エン・ジャパンは、ミドルに聞く「転職後のギャップ」調査結果を発表しています。それによりますと、35歳以上の転職経験者に、転職前の期待と転職後の実態にギャップを感じたことがあるか尋ねたところ、68%が「期待を下回る」と回答とのこと。また、期待を下回っていたポイントは、年収1,000万円以上は「社員のクオリティ」、年収1,000万円未満は「給与・年収」の模様。なかなか期待通りにはいかないものですね。
posted by boss at 00:45| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

職場における熱中症による死傷災害の発生状況

 厚生労働省は、2017年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確報)を公表しています。それによりますと、死傷者(死亡・休業4日以上)は544人で前年度比82人増、うち死亡者は14人(同2人増)の模様。業種別の死亡者は建設業が最多となり、全体の約6割(8人)。厚生労働省では、5月1日から9月30日まで「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を実施します。熱中症の時期ですので、気を付けましょう!
posted by boss at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

就活生の職業観とライフスタイル調査

 ディスコは、2019年3月卒業予定の大学4年生を対象に行った、「就活生の職業観とライフスタイル調査」結果を発表しています。それによりますと、仕事の目的は、「自分のため」(61.3%)が「世の中のため」(38.7%)を上回り、理想の働き方は、「チームで仕事」(71.8%)が「個人で仕事」(28.1%)を上回ったとのこと。なかなか面白い結果ですね。
posted by boss at 00:59| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

企業の高齢者雇用意識調査

 エン・ジャパンは、「企業の高齢者雇用意識調査」結果を発表しています。それによりますと、65歳まで雇用するための「高年齢者雇用確保措置」を実施した企業は72%の模様。高年齢者雇用のメリットは、「経験や知識の活用」(79%)、「スキルやノウハウの伝承」(54%)、「高年齢者雇用安定法の遵守」(49%)などとのこと。60歳以上でももう高年齢者とは言えない時代なのかもしれませんね。
posted by boss at 00:41| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

2017年度通信利用動向調査

 総務省は、「2017年度通信利用動向調査」結果を公表しています。それによりますと、テレワークを「導入している」企業は13.9%(前年度比0.6%増)で、テレワークの形態は、「モバイルワーク」の割合が56.4%と最も高く、次いで「在宅勤務」(29.9%)、「サテライトオフィス勤務」(12.1%)の模様。導入目的は、「勤務者の移動時間の短縮」が54.1% と最も高く、次いで「定型的業務の効率性(生産性)の向上」(46.4%)、「勤務者にゆとりと健康な生活の実現」(23.7%)となっています。働き方も多様になってくる時代ですね。
posted by boss at 00:55| 東京 🌁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

転職理由ランキング2018

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は同社に登録している者を対象に実施した「転職理由ランキング2018」を発表しています。それによりますと、第1位「ほかにやりたい仕事がある」14.9%、第2位「会社の将来性が不安」10.7%、第3位「給与に不満がある」10.5%とのこと。1位のほかにやりたい仕事があるは前向きですが、2、3位は多少後ろ向きな感じですね。
posted by boss at 02:08| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする