2019年04月23日

人口推計

 総務省は、2018年10月1日現在の人口推計を公表しています。それによりますと、総人口は1億2,644万3,000人で、前年比26万3,000人(0.21%)減で、減少は8年連続の模様。70歳以上人口は2,621万人(同97万9,000人増)、割合は20.7%となり初めて2割を超えたとのこと。15〜64歳の「生産年齢人口」は51万2,000人減少し、割合は59.7%で比較可能な1950年以降最低。外国人の社会増減(入国者数−出国者数)では、入国者数が出国者数を16万1,000人上回り、6年連続の社会増加となっています。人口減少と高齢化は止まりませんね。またそれに伴い、外国人の入国も多くなっているのも納得です。
posted by boss at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

転職のきっかけ

 エン・ジャパンは、「転職のきっかけ」実態調査結果を発表しています。それによりますと、転職を考え始めたきっかけは、「給与の低さ」(43%)、「やりがい・達成感のなさ」(40%)、「業界・企業の将来性への不安」(31%)などとのこと。転職への不安は、「自身の年齢」(56%)、「希望する転職先の有無」(48%)、「面接・選考で上手く話ができるか」(39%)などの模様。転職のきっかけはいつの時代も大体同じなのかもしれませんね。
posted by boss at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

イギリス進出企業

 帝国データバンクは、「イギリス進出企業」実態調査結果を発表しています。それによりますと、2019年3月時点のイギリス進出日本企業は1,298社、業種別では「製造業」510社(構成比39.3%)、「サービス業」226社(同17.4%)などとのこと。年商規模別では、「100億円〜1,000億円未満」419社(同32.3%)、「1,000億円以上」344社(同26.5%)などの模様。
posted by boss at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

同一労働同一賃金導入

 アデコは、大企業(従業員300人以上)を対象とした「同一労働同一賃金導入に向けた準備の進捗状況と、導入後の見通しに関する調査」結果を発表しています。それによりますと、大企業の7割以上が、導入についての「対応方針が決まっていない」と回答とのこと。導入における課題は、「基本給」(68.8%)、「賞与」(65.0%)など。一方、対応方針が決まっている企業の多くでは、同制度導入後に非正社員の基本給と賞与が増える見込みとしています。同一労働同一賃金は、多くの企業にとって考えていかなければいけない課題です。
posted by boss at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

2020年卒大学生就職企業人気ランキング

 マイナビは、日本経済新聞社と共同で「2020年卒大学生就職企業人気ランキング」を発表しています。それによりますと、文系総合1位はJTBグループ(前年4位)、2位は全日本空輸(同1位)、3位は東京海上日動火災保険(同3位)、理系総合1位はソニー(同1位)、2位は味の素(同2位)、3位は明治グループ(同3位)の模様。詳細はこちら
posted by boss at 00:12| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

大学生就職内定率調査

 マイナビは、2020年卒業予定の大学生、大学院生を対象とした「大学生就職内定率調査」結果を発表しています。それによりますと、3月末時点の内々定率は12.7%で、前年同月比3.2ポイントの増の模様。16年卒から広報活動開始時期が3月になって以降、3月の内々定率としては過去5年で最高水準を更新。文理男女別の比較では、文系学生(男子12.7%、女子9.2%)よりも理系学生(男子16.3%、女子14.3%)が大きく上回っているとのこと。まだまだ売り手市場は続いていますね。
posted by boss at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

中途入社者の定着

 エン・ジャパンは、直近3年間で中途入社者(正社員)がいる企業を対象とした「中途入社者の定着」実態調査結果を発表しています。それによりますと、中途入社者の定着率について、37%が「定着率が低い」と回答。業種別では「流通・小売関連」が51%、企業規模別では「1,000名以上」が48%で、それぞれ最多。定着率向上のための取り組みは「定期で行なう人事や上司との面談」(53%)がトップで、「定着率の寄与度」も高いとの評価になってます。定着率は企業のとっては大きな問題ですね。
posted by boss at 06:36| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

電子メール等での労働条件の明示に関するリーフレット

 改正労働基準法により、労働契約を締結する際の労働条件の明示の方法について、書面交付の他に、4月1日から、労働者が希望した場合は、FAXや電子メール、SNS等でも明示できるようになったことを受けて、電子メール等を利用する場合の留意点について、具体例をあげて説明しています。詳しくは、こちら。便利になりますが、注意点もございますので、お気をつけ下さい。
posted by boss at 09:57| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

能力開発基本調査

 厚生労働省は、2018年度「能力開発基本調査」の結果を公表しています。それによりますと、教育訓練費用(OFF-JT費用や自己啓発支援費用)を支出した企業は56.1%、企業のOFF-JT費用の労働者一人当たり平均額は1.4万円(前回1.7万円)、自己啓発支援費用の労働者一人当たり平均額は0.3万円(同0.4万円)とのこと。自己啓発を実施した労働者は35.1%。実施率は正社員(44.6%)、正社員以外(18.9%)、男性(42.9%)、女性(26.4%)の模様。教育訓練の補助は従業員にとって大事ですね。
posted by boss at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

ブラック企業/ホワイト企業

 ディスコは、就活生を対象とした「ブラック企業/ホワイト企業」への考えをたずねた調査結果を発表しています。それによりますと、「ブラック企業を気にする」学生は、2019年卒者85.6%、20年卒者91.1%とのこと。ブラック企業の調べ方は、「クチコミサイト」「就職情報サイトで企業情報を確認」「その企業の社員の様子から察する」の順の模様。ブラック企業は確かに敬遠されますし、淘汰されていくとは思われます。
posted by boss at 00:04| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする