2019年05月08日

コンプライアンス違反企業の倒産動向調査

 帝国データバンクは、「コンプライアンス違反企業の倒産動向調査」結果を発表しています。それによりますと、2018年度のコンプライアンス違反倒産は233件判明(前年度比0.9%増)し、3年ぶりに増加の模様。違反類型別では「粉飾」が73件で最多、詐欺や横領などの「資金使途不正」が59件と過去2番目の高水準とのこと。コンプライアンス違反は倒産にも結びすく重大な問題ですね。
posted by boss at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

2019年版 独立・開業に対する意識調査

 マイナビは、「2019年版 独立・開業に対する意識調査」結果を発表しています。それによりますと、全体の41.3%が「独立・開業に興味がある」と回答の模様。独立・開業について、興味を持ったきっかけは「収入を増やしたい」(27.9%)、もっとも重視するポイントは「自分のペースで働ける・自分の時間を持てること」(18.0%)がそれぞれ最多とのこと。ただ独立開業して実際それができるかどうかは微妙ではありますが。
posted by boss at 18:06| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

残業時間実態調査

 エン・ジャパンは、35歳以上を対象とした「残業時間」実態調査結果を発表しています。それによりますと、残業規制や撤廃に「賛成」は7割で、その理由は「自分のための時間を持つことができる」(60%)、「規制があることで業務効率が上がる」(57%)、「周りに遠慮せず帰れる風土になる」(54%)などとのこと。自社の残業時間について、「変わらない」が47%で、「減少傾向」(27%)と「増加傾向」(26%)はほぼ同率の模様。残業時間の考え方は社員と会社ではまだまだ開きがあるようです。
posted by boss at 17:15| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

2020年卒マイナビ大学生就職意識調査

 マイナビは、「2020年卒マイナビ大学生就職意識調査」結果を発表しています。それによりますと、学生が企業選択する際のポイントは、「安定している会社」(39.6%)、「自分のやりたい仕事(職種)ができる会社」(35.7%)などとのこと。学生が行きたくない会社は「ノルマのきつそうな会社」(34.7%)、「暗い雰囲気の会社」(28.5%)など。今らしい回答ですね。
posted by boss at 15:33| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

20代の転職・仕事観意識調査

 エン・ジャパンは、20〜34歳の男女を対象とした「20代の転職・仕事観意識調査」結果を発表しています。それによりますと、転職先を選ぶ際に重視することは、「仕事内容」(82%)、「勤務地」(81%)、「事業内容」(76%)などとのこと。年収別に見ると、年収800万円以上は「事業戦略」、「ビジョン」、「事業内容」を重視し、年収400万円未満は「休日」、「オフィス環境」、「勤務地」を重視するとしています。年収の高低により重視する項目が変わってくるのは面白いですね。
posted by boss at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

平成の振り返り

 大同生命保険は、全国の中小企業経営者を対象として、「景況感」と『「平成の振り返り」と「新時代“令和”への期待・展望」』についての調査結果を発表しています。それによりますと、平成で事業や業種に最も影響があった出来事(自然災害除く)は、「消費税」(49%)、「リーマン・ショック」(48%)、「日経平均株価大暴落(バブル崩壊)」(38%)などとのこと。平成はいろいろありましたが、令和はどういう時代になるんでしょうね。
posted by boss at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

2019年度の業績見通しに関する企業の意識調査

 帝国データバンクは、「2019年度の業績見通しに関する企業の意識調査」結果を発表しています。それによりますと、19年度の業績見通しを「増収増益」とする企業は24.8%で、18年度見通しから4.5ポイント減少した模様。「減収減益」は同5.1ポイントの増加。業績見通しの上振れ材料は「個人消費の回復」(27.0%)が最高、下振れ材料は、前回調査同様「人手不足の深刻化」(39.0%)が最高とのこと。19年度の雲行きは少々怪しいようですね。
posted by boss at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

人口推計

 総務省は、2018年10月1日現在の人口推計を公表しています。それによりますと、総人口は1億2,644万3,000人で、前年比26万3,000人(0.21%)減で、減少は8年連続の模様。70歳以上人口は2,621万人(同97万9,000人増)、割合は20.7%となり初めて2割を超えたとのこと。15〜64歳の「生産年齢人口」は51万2,000人減少し、割合は59.7%で比較可能な1950年以降最低。外国人の社会増減(入国者数−出国者数)では、入国者数が出国者数を16万1,000人上回り、6年連続の社会増加となっています。人口減少と高齢化は止まりませんね。またそれに伴い、外国人の入国も多くなっているのも納得です。
posted by boss at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

転職のきっかけ

 エン・ジャパンは、「転職のきっかけ」実態調査結果を発表しています。それによりますと、転職を考え始めたきっかけは、「給与の低さ」(43%)、「やりがい・達成感のなさ」(40%)、「業界・企業の将来性への不安」(31%)などとのこと。転職への不安は、「自身の年齢」(56%)、「希望する転職先の有無」(48%)、「面接・選考で上手く話ができるか」(39%)などの模様。転職のきっかけはいつの時代も大体同じなのかもしれませんね。
posted by boss at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

イギリス進出企業

 帝国データバンクは、「イギリス進出企業」実態調査結果を発表しています。それによりますと、2019年3月時点のイギリス進出日本企業は1,298社、業種別では「製造業」510社(構成比39.3%)、「サービス業」226社(同17.4%)などとのこと。年商規模別では、「100億円〜1,000億円未満」419社(同32.3%)、「1,000億円以上」344社(同26.5%)などの模様。
posted by boss at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする